ムダ毛で悩む高校生女の子へ…プチプライス全身脱毛サロンTOP >

少し萎えた脱毛体験

学生の頃「働くようになったら、絶対に脱毛する!!」と決意するくらい、腕や足の毛深いことがコンプレックスでした。 大学時代に友達に誘われて行ったエステで、一番最初に興味を持ったのも、やはり脱毛コースです。その時は、もちろん学生のアルバイトで払えるようなコース料金ではなかったので、内容などを聞いて、今後の参考にしよう、程度で説明を受けました。ただ、内容を説明する時に見た図(どこからどこまでの部位がどのコースに含まれる、などの身体の図)には、ある種ショックを受けたのは、未だによく覚えています。「こんな際どいところまで、脱毛出来るんだ!?」と思ったり、「こんなところの脱毛をしている施術中は、エステティシャンとも微妙な雰囲気になるのかな…」と思ったり。 就職してからも、脱毛願望は維持していたので、まずはワキのお試し脱毛を受けることにしました。住まいから最寄りのエステは電車で約一時間ほどかかる場所にあり、ドキドキしながら、予約の電話をしたのを覚えています。 当日は、正直に言えば、施術が痛くて、これを根気強く続けるのかと思うと、脱毛願望が少し萎えました。激痛ではないものの、痛いと感じるくらいの感触があるのです。担当のエステティシャンに聞くと、寝不足や疲労があると痛みが出る、とのこと。思い当たる節があるので、来週の施術には、絶対にストレスフリーで臨もうと思いながら、初めての脱毛体験を終えました。 結局、二回目の施術でも初回と同じ程度の痛みを感じ、ワキだけで脱毛願望が萎えてしまい、そのまま現在に至ります。 技術が進歩したから、もうあんなに痛くはないのかな、それならもう一度試してみようかな…未だに願望はなくなってはいませんが、実行に移すまでには至っていません。

Copyright © ムダ毛で悩む高校生女の子へ…プチプライス全身脱毛サロン All rights reserved